注文住宅の家づくりでの総額の悩み

家づくりで最も気がかりなこと、それは総額でいくらくらいになるのか、ということかもしれません。建売の場合には、すでに金額が決まっており、あとは多少ディスカウントができるかどうかの交渉くらいかもしれませんが、注文住宅の場合には、その都度決めていく部分もあり、なかなか全体の総額が数字として出てこないかもしれません。業者にそれを要求しても、納得できるような数字が出るわけではなく、やや曖昧な返答に終始するかもしれません。それはその業者があまり信頼できないということを意味しているのでしょうか。そのようなことはありません。注文住宅というのは、そういうものであり、最終的にいくらになるのか、それは設備や設計の変更などで大きく変わるものなのです。ですから、はっきりとした数字が出ず、ややアバウトになってしまうのは仕方がなく、それを受け入れる必要があるでしょう。あまり無理に数字を要求すると、ややこしいことになるかもしれません。